テーマ:閑題

NHK総合「うまいッ!」(鳥取ショウガ) (151)

 2017年の幕開けです。例年の如く、多くの年賀状を頂きました。  その中で、NHK総合「うまいッ!」を見たとのお便りが多くあったのには驚きました。なにせ、日曜日の朝早い番組とのこともあって、出演のことはあまりお知らせしませんでしたので。 ただ、ご覧いただいたのはご年配の方が多く、私もそうですが、齢を取ると寝るのにも体力がいり、早起き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八手(やつで)の思い出(150)

 幼少の頃から50年ほど住んでいた家には5坪ほどの裏庭があった。L字に濡縁があり、庭に降りるための大きな石の三和土から飛び石がS字状に庭の向こうに通じていた。大屋根を越すかと思われほどの黒松の木が一本、偉容にあたりを睥睨し、その傍に高さ六尺ほどの石燈籠が立っていた。  雨の日は厠に行くには半分雨の吹き込む縁側の奥を通って行かなければな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 古本の遍歴 (148)

 帰宅の折、乗り合わせるバスの時刻にはまだ間がある時、バス停前にある古本屋で獲物を物色するのが楽しみの一つになっています。  今回、たまたま手に取った本は「ミステリー・ギャラリー西洋名画の謎」(井出洋一郎著)で、推理物が好きな私には、題名だけでの衝動買いでした。  海外に出かけたときは、大抵、美術館を見て回ります。この本に取り上げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌会始「本」に思う (147)

「生(いのち)のブログ」を始めて7年が経ちました。途中で筆を折りかけたこともありましたが、何とか続けてこられました。これも、ブログにお越しいただいている方々の叱咤激励の賜物と思っています。  今年の「歌会始」はお題が「本」。本好きな私には、それぞれの歌に共感を覚えます。  特に、最年少の小林理央さん(15歳)の歌「この本に全てがつま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

謹賀未年(羊あれこれ) (146)

謹賀新年。今年はひつじ年。私にはまた廻ってきた年男。 そこで、ひつじにまつわる話をあれこれと申し上げます。 先ずは「羊」の漢字。甲骨文字を見ると、角をもった頭部だけの象形文字です。  羊を使った漢字はたくさんあります。羊が偏や旁に使われているときは、羊や食品に関する意味を持ち、良い価値観を示すものが多いようです。また、音符の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の戸隠・黒姫を訪ねて (144)

 11月の3連休を使って、あいにくの雨になったが、黒姫のペンションに泊まり、晩秋の戸隠・黒姫・妙高を訪ねるドライブに出かけた。  2日目の朝は少し薄日も射す天気で、先ずは戸隠の鏡池に行くことになった。鏡池の名の通り、湖面には白樺と黄金に輝くカラマツの下に、戸隠の峰々が逆立ちしていて、しばらくはその風景に見とれていた。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貝食(志摩のアワビと桑名のハマグリ) (143)

 台風一過、秋晴れのある日、伊勢の志摩観光ホテルに宿泊する機会がありました。このホテルの名物料理に「鮑ステーキ」があります。鮑は一般には刺身や網焼きのイメージが強いのですが、ここの鮑はステーキ仕立てで出てきます。  ナイフを入れた時の柔らかな感触は驚きです。これは大根とともに煮ることで、大根中のジアスターゼが鮑の肉質を柔らかくするから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童謡「里の秋」と栗 (142)

 秋が深まり、ホカホカした天津栗が露店で匂いを放つ頃になると、童謡「里の秋」の歌詞が思いだされます。    静かな 静かな 里の秋     お背戸に木の実の 落ちる夜は    ああ母さんとただ二人    栗の実煮てます いろりばた    栗の実には、胃腸の働きを高めたり、血流の改善効果や止瀉作用がありますが、更に老化防止の効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルセロナ点景/サグラダ・ファミリア他 (138)

 今から30年ほど前にスペインを訪れたことがある。  イギリスのリバプール空港から首都マドリードに飛んだ際のドーバー海峡を挟んだ白亜の岸壁の連なりが印象深く眼に焼き付いている。更にピレネーの山塊を越すと、赤茶けた風景にオリーブの樹林が垣間見れて、よく言われた「ピレネーを越えるとヨーロッパの田舎」を彷彿とさせた。  マドリードでは、プ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

出雲大社と神道の作法(参拝) (137)

 今年に入って、二度、出雲大社を訪れる機会がありました。 この神社の参拝の仕方は、二礼二拍一礼ではなく、二礼四拍一礼と四回拍手を打つことが、他の神社とは違っています。  もともと、参拝の仕方は神社によってマチマチだったようで、今でも、伊勢神宮では八礼八拍と多いところもありますが、大方の神社では二礼二拍一礼をとっています。 普段、神…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

季節の薬草⑥夏ーベニバナー(136)

 四半世紀前、中国で高脂血症、高コレステロールに効く新しい漢方薬が発表されて話題になったことがあります。その名を「冠心2号方」といい、丹参、赤芍、川芎、香降と紅花で構成されています。 知り合いに輸血の際、C型肝炎になられた方があり、この「冠心2号方」がよく効くとの治験もあり、おすすめし、結果良好で喜ばれたことがありまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人参果と朝鮮人参 (134)

5月17日の読売新聞の朝刊の「編集手帳」に「人参果」の話が載っていました。「西遊記」に、においを嗅ぐだけで360年も長生きできる果物として登場します。三蔵法師が万寿山の仙人を訪ねた折、振る舞われた果物ですが、その形が、あまりにも赤ん坊の姿をしていたので食べられなかったとあります。正名は、「万寿草還丹(まんじゅそうかんたん)」といい、三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田官兵衛と目薬 (133)

 NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」が好調のようである。官兵衛の出自については、諸説があるようだが、そのひとつに、官兵衛の祖父・重隆の代に備前(福岡)から姫路に移り、広峯神社の御師(おし)屋敷に住み、神符を配布する傍ら、黒田家秘法の目薬「玲珠膏」の製造販売も行って、巨万の富を蓄積したといわれている。  この目薬「玲珠膏」はメグスリノキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉造温泉の湯に癒されて~福来茶とおしろい地蔵~ (132)

 4月の上旬、島根の玉造温泉を訪れた。  佳翠苑皆美に宿をとった。部屋に通される前に一献と、出されたのが福来茶で、生姜で作ったジュレの掛かったリンゴが添えられていた。  隠岐に自生するクロモジを島では「ふくぎ」と呼び、昔から胃腸を整える健康茶として愛飲されてきたとのこと。  福来茶はクロモジ(黒文字)の枝を乾燥させてつくられたお茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の薬木⑤春-コブシ-(131)

 1972年9月29日、日本は中国共産党が率いる中華人民共和国と国交を結ぶこととなった。当時の田中角栄と周恩来両首相が共同声明を発表し、条約に署名して、日中国交正常化がなされた。 その翌年に中国を初めて訪問した。北京中医薬学院や生薬の関連施設を見て回り、晩餐は中国側関係者の招待で大いに盛り上がり、最後には相互に肩を組み合って、合唱とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の薬木④春-サクラ- (130)

 我がコーポタウンの中庭に大きな桜の木が2本ありますが、毛虫が葉を食べるザクザクした音がうるさい、多くの糞が地面に落ちて汚い、落ち葉の清掃が大変、敷き詰めたレンガを根っこが持ち上げる、排水溝まで根が張って詰まるなどの理由で、昨年の5月に枝打ちをしました。今年は、いつものようにたわわに花が咲きそうにもありません。  昔から、桜の下には何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミルクティー(ミルクが先か紅茶が先か) (129)

 イギリスを旅し、その家庭に滞在すると、私たちが日本茶を飲む以上に、アメリカ人がコーヒーを飲むと同じぐらいに、イギリス人は、tea with milk 日本で言うミルクティーをよく飲むのに驚かされます。   17世紀にイギリスに伝わった紅茶が、ステイタスとしての地位を占めたのには、あまり評判の良くないイギリス料理への反動があったのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狼との出会い(128)

 「鎖に繋がれたロボはかつての荒々しさを無くし、与えられた食べ物や水を一切口にしないまま死んでいった」  シートンの動物記の「狼王ロボ」の最後のシーンである。小学校6年生のときに読んだこの本の最後のフレーズは未だに覚えている。  アメリカはニューメキシコ州のカランポーに、地元の人から「魔物」と呼ばれ恐れられる古狼ロボの退治を頼まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の薬木③冬-ナンテンー(127)

  ナンテンの木が3本、自宅の前庭に赤い実をつけています。先日の大雪のとき、赤い実の上に積もった白い雪がほんとに美しかった。「難を転ずる」との語呂合わせからか、鬼門の方角などに植栽されることが多く、我が家の玄関が鬼門にあたることで、ナンテンを植えています。  冬になると、ヒヨドリがやってきて、庭のナンテンを食べていきます。少し食べては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵲(かささぎ)との出会い (126)

 もう何年前になるかわからないほどの昔、佐賀を列車で旅していたときに、車窓を横切った珍しい鳥をみたのが鵲との最初の出会いであった。  カラスのようでいて、胸が白い見慣れぬ鳥であった。佐賀平野では「カチカチ」という鳴声から、カチガラスとも呼ばれ、県鳥(昭和40年)にも定められ親しまれている。  カササギはイギリス、ヨーロッパ全域、ロ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

獅子あれこれ (125)

 以前、野良猫の忌避剤として、正露丸の話を書いたことがある。猫は正露丸のにおいが嫌いなようで、古くなった正露丸を撒いておくと、猫は近寄らない。  それでは、ライオンや虎もネコ属の動物なので、サファリや密林でライオンや虎に襲われそうになったら、正露丸を投げつけてみるのも一考かもしれない。ただ、命の保証は今のところありませんが。  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

季節の薬木②冬-ビワ- (124)

 家の小さな前庭に一本のビワの木があります。  今から18年前に中古で家を購入しました。その時まで、一度も実がならなかったと聞いていたビワが、花芽をつけ、5月には多くの実を実らせました。  そろそろ食べ時かなと思ってみますと、多くの実はヒヨドリについばまれていました。次の年には、ネットを張り、鳥からの被害を防ぎました。すると、次の年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の薬草①冬-ツワブキ- (123)

 全国家庭薬協議会のホームページ(http://www.hmaj.com)の「季節の薬草・薬木」を写真とともに解説を担当していますが、その解説に少し筆を足して、この「生(いのち)のブログ」に載せてゆきたいと思います。  まず最初に「ツワブキ」を取り上げました。  ある年の12月に鹿児島から宮崎を旅したことがありました。鹿児島空港…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊半島ひとめぐり/牡蠣と奇岩 (118)

 福井地方をはじめとし日本列島が豪雪に見舞われた1月末、一泊どまりの紀伊半島一周のドライブに出かけました。堺から伊勢へは、普段は名阪自動車道を通って関ICで伊勢自動車道に乗り換えて向かうのですが、今回は、奈良大宇陀から、旧道の伊勢本街道をたどることにしました。奈良三重の県境に来るころから、雪が舞い始め、廻りは雪景色に変わってきました。通…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古本に見つけた「生」の語源 (114)

 時間があれば、よく古本屋に出かけます。今年も初出勤の日の帰りに立ち寄りました。いつものように、さりげなく眺めていると、水上静夫著の「漢字語源物語(からだと性の文字学)」が目に留まり、パラパラとページを捲っていくと、「生」の文字が飛び込んできました。これは、「生のブログ」を書いているものにとっては読むべき本と思い購入しました。  古本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスと柊(ひいらぎ) (112)

 12月に入ると悲しい知らせが参ります。近親者のご不幸による年賀状欠礼のハガキです。  その中に一枚、こんなハガキがありました。  「当家はクリスチャンなので、神仏の慣習は関係ないのですが、日本の習慣に倣い、年賀状を失礼いたします。皆様には良いお年をお迎えください。」    日本では古来より、海外から多くの文化や技術を受け入れ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一臭い食べ物・堅い食べ物 (111)

 学生時代の話で、もう40年以上も昔のことになります。  大学女子バレーボール部のコーチをしていたのですが、あるときお国自慢が始まりました。  滋賀県出身の選手がいて、自家製の鮒ずしの話になりました。鮒ずしは、1000年以上前から滋賀県でつくられ、当時の朝廷にも特産物として献上されていたそうです。琵琶湖特産の二ゴロブナの内臓を取り除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者任せの健康管理/神農祭に常備薬を思う (110)

 今年の神農祭は大勢の人出で賑わいました。11月22日は午後から土砂降りの雨になったことから、晴天の23日は3万人以上のお参りがあったそうです。拝殿での拝礼に約2時間待ちの行列ができたことも近年にない出来事でした。大阪の祭は1月の恵比寿さんに始まり、この神農祭で終わります。  普段は、くすりの町「道修町」の一角に、ひっそりと佇む神社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスウリの名前の由来 (108)

 毎年、10月の末から11月の初旬にかけて、石川県加賀市大聖寺にある菩提寺にお参りすることが、年中行事のひとつとなっていて、今年も11月13,14日、一泊どまりで出かけた。親戚の家もいくつかあることから、ご挨拶に行くことにしている。  自宅の冷蔵庫の上においてある籠に、黒ずんだ実をつけたサルトリイバラが活けてある。これは4年前に大聖寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彦根城とひこにゃん (106)

 小春日和の一日だった。琵琶湖湖畔のホテルで会議があり、そのホテルで一泊した翌日が土曜日でもあったので、久しぶりに近くの彦根城を訪れた。  駐車場に車を停めて歩き始めたとき、生け垣のむこうに、小枝に数片の花をつけた桜が目に留った。その日のポカポカ陽気に狂い咲きをしたのかと思っていると、その横の立て看板に「二季咲桜」、冬(11月~1月)…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more