彦根城とひこにゃん (106)

 小春日和の一日だった。琵琶湖湖畔のホテルで会議があり、そのホテルで一泊した翌日が土曜日でもあったので、久しぶりに近くの彦根城を訪れた。
 駐車場に車を停めて歩き始めたとき、け垣のむこうに、小枝に数片の花をつけた桜が目に留った。その日のポカポカ陽気に狂い咲きをしたのかと思っていると、その横の立て看板に「二季咲桜」、冬(11月~1月)と春(4月~5月)の年2回花を咲かせるとある。
 その一片をカメラに収め行こうとして、何か気にかかることがあった。も一度看板を見て納得した。「水戸市(友好都市)」の一文である。
画像

画像

 彦根藩は水戸藩・会津班とは幕末の尊王攘夷、開国、桜田門外での井伊直弼暗殺など、犬猿の間柄だったと記憶していたので、長年の怨念を越えて友好都市としての宣言はほっとした気分になった。
 同じようなことが身近にもある。もうかれこれ30年以上にもなるが、鹿児島に漢方の講師に呼ばれて行くことになった。このことを、当時90歳になっていた祖母に話すと、顔色を変えて、「そんな敵地に行くものではありません」とたしなめられた。
 その言葉に怪訝な顔をしていると、祖母が語るには、祖父の兄が西南の役で、加賀藩官軍の副大将として鹿児島の地で西郷と戦い、戦死したのだという。それ以来、鹿児島は当家にはにっくき敵地となっていたようである。
 何段もの石段を上り、天守閣の建つ広場に出た。眼下に琵琶湖が広がる。遠く比良の山系が望まれる。数年前に築城400年を迎え、お色直しされた城は琵琶湖に浮かんでいるようでもあった。
 しばらく佇んでいると、大勢の人たちが次々と登城してきた。これから「ひこにゃんショー」が始まるという。ひこにゃんが登場して、あちこちから、「ひこにゃーん」と可愛い子どもの声がかかる。のどかなショーを楽しんで、そのあと、玄宮園の庭園を散策し、ふと天守閣を見上げると、その姿が「ひこにゃん」にそっくりで驚いた。
 120年の時空に思いをはせたひと時だった。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ひこにゃん7歳、小学校“入学” 彦根城で誕生日祝う

    Excerpt: 彦根城にすむ市キャラクター・ひこにゃんが13日、7歳の「誕生日」を迎え、多くのファンが祝いに駆けつけた。菓子やおもちゃなどをプレゼントされ、ひこにゃんは両手を広げて喜びを表した。4月13日はひこにゃん.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2013-04-14 14:39
  • ひこにゃんが餅つき手伝い 彦根城

    Excerpt: 国宝彦根城の天守前で19日、正月用の鏡餅の餅つきがあり、市の人気キャラクター「ひこにゃん」がきねを振るった。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2013-12-20 18:48
  • 「いろは松」冬支度 滋賀・彦根城で恒例のこも巻き

    Excerpt: 冬の始まりとされる立冬を迎えた7日、滋賀県彦根市の彦根城内にある松並木に恒例の「こも巻き」が施された。松の幹に作業員が稲わらで編んだ「こも」を巻き付け、本格的な冬の到来に備えた。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-11-09 12:05
  • ひこにゃんもペッタン 滋賀・彦根城で正月向け餅つき

    Excerpt: 天守に雪を抱く彦根城で19日、正月に飾る鏡餅の餅つきがあった。人気者の市のキャラクター「ひこにゃん」もきねを持って手伝い、きな粉餅にして詰めかけたファン約100人に振る舞った。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-12-21 08:58